前へ
次へ

インターナショナルスクールで英語力がつく理由

日本人の家族がアメリカなどの海外で暮らすとき、日本語しか話せない子供は学校で勉強ができません。そのためアメリカなどでは日本人学校などがあり日本語で授業が受けられるようになっています。アメリカと言えば多民族国家と言われ多くの人種や民族、そして国から来た人が住んでいるのでいろいろな国が自国民向けの学校を用意しているようです。日本と言えば日本人が日本語を話す国でかつてはあまり外国人がいませんでした。しかし企業活動においては海外に進出する会社も多くあります。日本は世界の中でも経済大国の一つとされ、日本の企業が海外に進出することもあれば海外の会社が日本に法人を設立することもあります。すると海外の人が日本で暮らすようになりその時には日本語を話せない子供が学ぶ場所が必要になります。そこで設立されるようになったのがインターナショナルスクールで、一般的には英語での授業が行われています。英語での授業と言ってもアメリカ系やイギリス系など学校によって少し違いもあります。

https://www.cosmo-music.com/

歯科技工士-学科紹介 | 大阪の東洋医療専門学校

学力の最短アップなら山梨の甲斐大学予備校へ
AI分析の導入で、どこが課題なのかを瞬時に判断し、克服できるようにしていきます

山梨で高校受験・中学受験なら進学塾【甲斐ゼミナール】

Page Top